Hola! カナリア諸島在住あやか(@tabinetsu)です。

こないだパートナーのウナイに「おふくろの味ってある~?」と聴いてみました。

日本だと「から揚げ」「肉じゃが」とか?

スペインのおふくろの味は何だろう~?と思っていると、お気に入りの料理名が何品か上がり、その一つが「ウサギの煮物」でした。

日本だとウサギはペット。でもスペインでは、一般家庭の食卓にウサギ料理がよく登場するんです。

最初はなんだか可哀想と思ったけれど…これもスペイン文化!

なによりクセや臭みも無く美味しいウサギ肉!鶏肉に代用も可能なので、今日はそのレシピをご紹介します♪

スペイン義母から受けついだ、ウサギ料理のレシピ

材料(3-4人分)

・ウサギ肉      700g

・ウサギの肝臓   1つ

・玉ねぎ      1/2個

・長ねぎ      1/3本

・ローリエ     1枚

・にんにく     2個

・オリーブ油    適量

★白ワイン     1cup

★塩コショウ    適量

★にんにく     1-2個

レシピ

①玉ねぎと長葱をみじん切り、にんにく2個をスライスに。

②深めのフライパンにたっぷり油を敷き、弱火でにんにくを炒める。

③油に香りが移ったらにんにくを取り出し、肉、肝臓を色が変わるまで中火で炒める。(油がはねるので注意!)

④肝臓に火が通ったら小さなボールに取り出し、★の材料全てと一緒にミキサーにかける。

⑤お肉が茶色く色づいたら、長葱、玉ねぎ、ローリエと、取り出したにんにくをフライパンに戻し、数分炒める。

⑥④のソースをフライパンに入れ、蓋をして45分~1時間、弱火でコトコト煮込んだら完成~


コツ・ポイント

ウサギ肉はしっかり煮込まないと硬いので、この分量なら最低でも45分以上は煮込みます。

ソースの量は、お肉が半分被るぐらい。足りなければ水を追加してください。

※作る人によっては、お肉にヒタヒタかぶるぐらいまでソースを作る方もいます。そこはお好みで♪

ウサギの肝臓をミキサーにかけることで、ソースがドロッとしてお肉に味が絡んで美味しいです!

スペインの一般家庭の食卓では、お皿に残ったソースもパンで綺麗に拭き取って食べるので食後もお皿が綺麗!

私もそれにならって、ソースをパンで拭き取って食べました♡

ちなみにこのレシピは鶏肉でも美味しいし、パンの代わりにご飯でも美味しいです♪ぜひ、お試しあれ~~

Share This

この投稿を友達と共有しましょう!